ハイブリッドOSSとは?

ハイブリッドOSSとは、
紙の印鑑証明書を活用した電子申請です。

平成12年、政府に情報通信技術(IT)戦略本部が設置され、平成13年にe-Japan戦略の一環としてOSS構想を発表。そして平成17年12月よりOSSが開始となりました。

この時のOSSは、登録に必要な手続きを住基カードによる公的個人認証、税・手数料の納付を電子申請により、一括して行うことを可能としたものです。しかし、住基カードの普及が進まず、OSS申請手続きが伸び悩んでいました。

平成19年、国土交通省はOSS利用率向上を図るため、個人認証は従来通りの紙の印鑑証明書を利用し、データを電子的に申請する「紙と電子を併用」したハイブリッド方式を導入しました。これが、ハイブリッドOSSです。

平成27年1月 国土交通省 自動車局
自動車関連情報の利活用に関する将来ビジョンについて(概要)」より引用

OSSについては国土交通省ホームページにも記載しています。
自動車保有関係手続のワンストップサービス トップページ

自動車関連手続きの利用環境の向上

現状

  • 平成17年12月より自動車の運行に必要な行政手続き(車庫証明・検査登録・車体課税納付)をオンラインでワンストップで行うことができるサービス(OSS)を開始
  • 現在OSSは新車新規登録手続きを対象として11都府県において稼働しており、稼働地域では約6割がOSSを利用
  • OSSについては、昨年12月に閣議決定された「独立行政法人改革等に関する基本的な方針」に基づき、29年度までに全ての都道府県への拡大及び対象手続きを拡大することとされているところ

今後の取り組みの方向

OSS・今後の取り組みの方向

国土交通省の取り組み事例(自動車関連情報の利活用について)より

◆ハイブリッドOSS完全対応の自動車申請書作成ソフト「SUN BRIDGE」については

下記よりお問い合わせください。